スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語と世界的視野も手に入る (感謝される仕事しながら)

海外在住の日本人、日系人の高齢者において、

“日本人に介護されたい”というニーズが強いそうです。

アメリカ西海岸やハワイなどでは、現地の日系人企業が、

日本人街、日系人街で老人ホームを運営している場合も多く、

仕事も生活も殆ど日本語で済むとの事。

就職が決まってない方はチャレンジして下さい。感謝される仕事です。
スポンサーサイト

テーマ : 就職・転職・仕事・求職・アルバイト・パートのNo1最新情報
ジャンル : 就職・お仕事

「海外勤務できます!」とアピールしよう!不況下での就職内定術!

世界展開している日本の大企業では、就職時に「海外勤務もできる人」を採用している。 これは国内市場は殆ど成熟しきった為、アジアや世界展開を重視する大企業が増えてきているから。 国内は不況・デフレ続きではあり、せっかく就職できても会社そのものが倒産してしまうケース、すぐにリストラに合うケースが、非常に多いし、まだまだ増えてますね。 でも良い方に考えれば、多少英語ができて、海外勤務できます! とアピールさえすれば 企業側もウェルカムです!! 当然、優先的に気にかけてもらえます。 そういうグローバル企業に就職できれば、世界的な視野を手に入れる事もでき、英語力も磨かれ、まさに一石三鳥! 不況の今こそビッグチャンス! まだ内定が決まってない方は、 是非チャレンジして就活を成功させてください! 新卒採用、「アジア重視」が加速 11年度、5割外国人も (共同通信より)  ユニクロを展開しているファーストリテイリング、コンビニエンスストアのローソン、ネット通販の楽天が、2011年度の新卒採用で5~2割を、アジアを中心とする外国人にする方向で検討していることが6日、分かった。  内需不振が続く中、日本企業はアジア市場攻略を強化。その中でもこの3社は人事対策を加速させ、アジア各国の学生のほか、日本に留学している大学生などを対象に採用作業を進め、将来、アジア事業を指揮する幹部として登用することを視野に入れている。  3社のほかでは、パナソニックも外国人採用に積極的。11年度は、中途なども含めアジア出身者などの外国人を、10年度比5割増の約1100人採用する計画。採用全体に占める外国人比率は約8割に上る見込みだ。  アジア市場の攻略を目指した外国人採用拡大の動きは急速に広がっているが、新卒大学生などを対象にした国内採用は抑制傾向が続く。企業活動のグローバル化に伴うしわ寄せへの対応も、今後の課題になりそうだ。
最新記事
【PR】
リンク
面接突破  新卒・中途 就活内定ノウハウ
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。