スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「多重債務・こころの相談会」開催!

失業者の年内就職支援 面接会、相談会など展開 千葉労働局 (千葉日報より)  千葉労働局は今月から、厳しい雇用情勢の長期化で当面の生活費や住居に困っている求職者を対象に、「年内就職」の実現に向けた支援を強化する。地方自治体や社会福祉協議会、弁護士会などと連携し、職業紹介や住宅提供、生活資金給付のほか「多重債務・こころの相談会」で精神面のケアも行う。  各ハローワークでは12月28日まで、生活困窮者に対し担当制による個別支援を行うほか就職面接会を集中的に開催。就職支援セミナーで応募書類の書き方や面接に関して助言する。寮付きや住み込みの求人、日払い求人、短期アルバイトなどの情報を各地の健康福祉センターや社会福祉協議会でも閲覧できるようにする。  「多重債務・こころの相談会」は松戸(今月25日)、市川(同26日)、船橋(同)でも開く。
スポンサーサイト

年金保険料滞納、差し押さえなど強制徴収へ

国税庁に強制徴収委任へ=10月にも、悪質な年金保険料滞納-厚労省(時事通信より)  厚生労働省は27日、厚生年金と国民年金の保険料を滞納している事業所、個人のうち、特に悪質なケースについて国税庁に委任して強制徴収に踏み切る方針を決めた。早ければ10月から実施する。1月の日本年金機構発足に伴い施行された改正厚生年金保険法、改正国民年金法の関連規定の初適用となる。  両法などによると、財産差し押さえやその売却(公売)など強制徴収の対象になるのは、厚生年金では「滞納2年分以上で滞納額1億円以上の事業所」、国民年金では「滞納2年分以上で本人か家族など連帯納付義務者の直近の年間所得が1000万円以上の個人」。さらに、財産隠匿の可能性があることや、納付督促への不誠実な対応など悪質性が強いことが条件となる。  対象事案は数百件以上に上る見通しで、同機構による絞り込みが完了次第、国税庁は各案件について順次委任を受け、徴収に着手する方針。強制徴収は同機構でも実施できるが、同省は「滞納整理のノウハウは、国税庁の方に蓄積がある」(年金局)と悪質なケースでの徴収効果に期待を寄せている。 <太><下線><太><太><大>実際に引越しを終えた方々にお聞きしたアンケートを集めました!
最新記事
【PR】
リンク
面接突破  新卒・中途 就活内定ノウハウ
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。