スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奨学金返済滞納すると、ブラックリスト登録

(2010年度より)日本学生支援機構では、奨学金返済を3カ月滞納すると、ブラックリストに登録されます。ブラックリスト化されると、住宅ローンやクレジットカード等が利用ができない状態になります。 奨学金滞納に法的措置強化、訴訟急増4233件(読売新聞より)  巨額の滞納が問題となっている奨学金の「貸し倒れ」を防ぐため、学生に奨学金を貸与している独立行政法人「日本学生支援機構」(旧日本育英会、横浜市)が法的措置を強化している。  昨年度、奨学金の返還を求めて起こした訴訟は前年度の2・8倍の計4233件に急増した。機構設立当初の2004年度と比較すれば70倍超の件数となる。機構は「不況の影響もあって滞納者自体が増えており、訴訟は今後も増えるだろう」としている。  昨年度の滞納額は、約33万6000人分の797億円と要返還額の約2割を占める。機構が返還しない恐れがあるとみている3か月以上の滞納者も約21万1000人おり、債務総額は2629億円に上る。5年間で2万8000人、842億円増加した。  機構は従来、1年以上の滞納者の一部のみ簡易裁判所へ支払い督促を申し立てていた。督促に応じない滞納者が異議申し立てもしなければ、差し押さえなどの強制執行が可能になるが、異議を申し立てれば、訴訟に移行する。訴訟になったケースは04年度は58件だったが、08年度は1504件まで増えた。  奨学金は国からの借入金などでまかなわれており、国の行政改革推進本部は06年12月、回収率を向上させるよう求め、08年6月には機構内の有識者会議が「法的措置の徹底」を提言。機構は昨年10月から、9か月以上の滞納者全員に申し立てを行うようにし、訴訟が急増した。一方、経済的理由で返還が困難な人は、年収300万円以下の場合、最長10年間にわたり月々の返済額を2分の1にできる制度も今年度中に始める。  機構は「訴訟にまで至るのは、返還に関する手続きを放置している場合が多い。様々な対応をとることができるので、連絡してきてほしい」と説明する。
スポンサーサイト

奨学金滞納者へ 差し押さえなど強制執行

何より最初に大事なのは、卒業“後”、資格取得“後”にどうなるかを考えておかないと 大卒でも7人に1人が就職留年となる時代です。仕事柄、多くの企業人事担当者や求職・転職者と関わってきた経験から申し上げて、何より最初に大事なのは、大学卒業“後”、資格取得“後”にどうなるかを考えておかないと。 弁護士や税理士であっても、資格とって独立したところで、競合も多く“安売り”競争になっています。 英語の通訳なども同じく、今はできる人がたくさんいます。希望業界の実情や現実をしっかり事前に確認しておく事は、ある意味、当たり前の事。他力本願・自分以外への依存は、ただの甘えです。 奨学金滞納に法的措置強化、訴訟急増4233件(読売新聞より)  巨額の滞納が問題となっている奨学金の「貸し倒れ」を防ぐため、学生に奨学金を貸与している独立行政法人「日本学生支援機構」(旧日本育英会、横浜市)が法的措置を強化している。  昨年度、奨学金の返還を求めて起こした訴訟は前年度の2・8倍の計4233件に急増した。機構設立当初の2004年度と比較すれば70倍超の件数となる。機構は「不況の影響もあって滞納者自体が増えており、訴訟は今後も増えるだろう」としている。  昨年度の滞納額は、約33万6000人分の797億円と要返還額の約2割を占める。機構が返還しない恐れがあるとみている3か月以上の滞納者も約21万1000人おり、債務総額は2629億円に上る。5年間で2万8000人、842億円増加した。  機構は従来、1年以上の滞納者の一部のみ簡易裁判所へ支払い督促を申し立てていた。督促に応じない滞納者が異議申し立てもしなければ、差し押さえなどの強制執行が可能になるが、異議を申し立てれば、訴訟に移行する。訴訟になったケースは04年度は58件だったが、08年度は1504件まで増えた。  奨学金は国からの借入金などでまかなわれており、国の行政改革推進本部は06年12月、回収率を向上させるよう求め、08年6月には機構内の有識者会議が「法的措置の徹底」を提言。機構は昨年10月から、9か月以上の滞納者全員に申し立てを行うようにし、訴訟が急増した。一方、経済的理由で返還が困難な人は、年収300万円以下の場合、最長10年間にわたり月々の返済額を2分の1にできる制度も今年度中に始める。  機構は「訴訟にまで至るのは、返還に関する手続きを放置している場合が多い。様々な対応をとることができるので、連絡してきてほしい」と説明する。

家賃滞納の債権回収に目標値

債権回収に目標値 (読売新聞より)
県行革大綱素案

 県は8日、2011年度から5年間の改革目標となる「県行財政改革大綱」の素案を県議会県政経営委員会で示した。12年度末まで県が進める財政再建の取り組み「とちぎ未来開拓プログラム」以降の行財政改革のあり方を決定づける重要な指針で、財政基盤強化のため、県営住宅の家賃滞納などの未収債権額に削減目標を初めて設けたほか、臨時財政対策債を除く県債残高を15年度末に7645億円以下にすることなどが盛り込まれた。

 素案によると、09年度末の未収債権額は22億円。未収債権の回収強化策として、法的措置に踏み切ったり、民間の債権回収業者に徴収業務を委託したりし、各年度末の未収債権額を前年度よりも減少させる。また、歳入増を図るため、現在全国ワースト2位の県税徴収率(94・7%)を15年度に96・1%まで上げることを目標に据え、県有財産の売却などで5年間で25億円の収入を確保するとした。

 現行の大綱で14年度末に9935億円に抑えるとした県債残高については、長引く不況により臨時財政対策債の発行が急増し、数値目標を設定することが困難となったことから、臨時財政対策債を切り離し、それ以外の県債について、新たな残高目標を設定した。

 県は週内にも県民からの意見を聞くパブリックコメントを実施し、来年2月に最終案を示す予定だ。

テーマ : 家族の健康や病気、またそれにつながる話
ジャンル : 結婚・家庭生活

最新記事
【PR】
リンク
面接突破  新卒・中途 就活内定ノウハウ
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。