スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレジットカード現金化とは?

クレジットカード決済を行っている店舗や会社が、ネット上でも簡単にできる「クレジットカード現金化」が問題になりつつある。 他の融資に比べて振り込みまでのスピードが速く、現金化業者は貸金業者ではないので、貸金業法は適用されない。貸し付けではなく、あくまでもクレジットカード利用に伴う特典としてのキャッシュバック。 要は、「普通にクレジットカードで買物をして、キャッシャバックがあった」という事になる。 現在は、貸金業法の対象外なので、取締りの対象とはなっていない。
スポンサーサイト

体験談と注意点 おまとめローン審査・融資の実際

おまとめローンを取り扱っている銀行はたくさんありますが、知っている内容の範囲で注意点について (正確な情報は、各銀行へご確認ください。) ◎審査における収入証明について、概ね下記書類の何れかが必要になります。 ・住民税特別徴収税額の通知書 ・住民票課税証明書 ・源泉徴収票 ※給与明細は受け付けていない(場合もあり) ですが、直近1年での年収を基に申し込んだ場合、源泉徴収票は各年の1月~12月のものである為、直近1年での年収を下回ってしまう場合もあると思います。 そこで源泉徴収票をそのまま出せば、審査に通らないわけですが、ダメもとで直近3ヶ月の給与明細を他の郵送書類の発送時に、取り敢えず同封して送ってみるのも手です。もちろん確実に審査に通るかは分かりません。 ◎審査に通り、融資が決定した後に、対象となる利用中ローンの返済をするわけですが    あくまでも個人名義の口座には入金せず、「おまとめローン」銀行 ⇒ 「利用中ローン」金融機関へ  直接入金による返済が条件であるが、  この「利用中ローン」金融機関側が、その返済を受け付けない場合もある。  あくまでも契約上は、「利用中ローン」金融機関と個人の契約であり、  その「おまとめローン」銀行名義からの直接返済はNGとの事。  でも、その返済を受け入れてもらえなかった場合、おまとめローンそのものが、  審査は通ったが利用できない、という事になる。    その場合は、「利用中ローン」金融機関へ、どういう口座名義であればOKなのか?等を相談・質問するのがベスト。 即日振込み可能!!
50万円まで融資可能
実質年率8.5%~18.0%!限度額最高300万円!アプラスα倶楽部カード 約10秒で審査回答!ご融資どっとこむ キャッシング融資一括申込受付中!! キャッシング無料案内サイト【おまかせ紹介君】 お金の事でお悩みの方⇒QUICK39 銀行から融資を受けたい方、借り入れ金の金利を下げたい方!! みなさんの悩みを解決いたします。気軽に連絡してください!コチラ 簡単な条件入力で、色々な不動産担保ローンが徹底的に比較でき、お選び頂けます。 クレジットカード申込みで豪華商品プレゼント
最新記事
【PR】
リンク
面接突破  新卒・中途 就活内定ノウハウ
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。