スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一日でも早く就職・転職を決めたい

もう生活と体面的にも追い込まれ、一日でも早く就職・転職を決めたい、 雇用形態に拘らない!という場合、どんどんエントリーして数をこなすのが重要ですが、 その中でも効率と成功確率を上げるノウハウを一部公開します。 まず、企業へのエントリー方法・手段として、様々な応募先・方法があると思います。 それぞれの特徴について、簡単に述べます。 (あくまでも参考情報であり、変更が生じている場合があります。) 1、ハローワークから応募   ⇒この不況下、企業は採用する事で、(企業へ)助成金や補助金が出る場合がありますので     その面は、求職者に有利に働きます。   ⇒ただし、企業は無料で、求人募集を出す事ができますので、どこまで積極的なのか?は未知数。     「かなり、良い人がいれば、採用したい。」という意識で求人を出している場合もあるでしょう。 2、一般的な求人広告媒体(折込、チラシ、インターネット、求人誌)   ⇒企業も費用を使って広告を出しているので、(求められるレべルは千差万別ですが)     採用へ本気度は、高いです。人事や採用側も担当者も、社内で責任をかぶっています。 3、人材紹介会社、人材派遣会社へ登録   ⇒それぞれの、人材紹介・派遣会社は、就業先企業と既に繋がり・パイプを持っていますので      仮に(就業先企業と同じ)企業に、直接応募した場合と比べて、多くの応募者に埋もれず     優先的に目をかけてもらえる可能性があります。   ⇒履歴書や職務経歴書、面接の仕方等についても、第三者的な、客観的な視点で     アドバイスがもらえたりする事もあり、その部分も無料ですので有りがたいです。   ⇒雇用形態は、派遣社員や、契約社員からスタートするしかない場合もあります。     そして、やはり派遣・紹介会社も民間企業ですので、就業先から報酬を頂く関係上     「良い人がいれば、採用したい。」という(就業先)企業も少なくありません。 上記ポイントも知った上で、バランスや優先順位を考えて行動しましょう! もう一点オマケですが、 面接や訪問アポイントは、どうしても平日・昼間が、殆どだと思います。 よって、インターネットを使った検索や応募は、企業に迷惑掛かりませんので 夜や土日にやると決めておけば、無駄がありません。
スポンサーサイト

テーマ : 就職・転職・仕事・求職・アルバイト・パートのNo1最新情報
ジャンル : 就職・お仕事

コメント

Secret

最新記事
【PR】
リンク
面接突破  新卒・中途 就活内定ノウハウ
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。