スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護保険ホットライン:何でも話して 26日まで電話よろず相談 /大阪

(毎日.jpより)
介護保険ホットライン:何でも話して 26日まで電話よろず相談 /大阪

介護保険に関するさまざまな質問に答える「介護保険ホットライン(電話よろず相談)」が24~26日、開設される。無料。悩みや相談事を幅広く聞きながら、共に解決策を考えると同時に、制度上の問題点を洗い出す。

 「高齢社会をよくする女性の会・大阪」の主催。同会のメンバーが、介護福祉士やケアマネジャーなど専門職のサポートを受けながら対応する。相談内容は集約し、問題点を整理した上で、介護保険制度の改善に向けた報告書を作成する予定。同会は「具体的な相談でなくても、不安に思っていることがあれば、何でも話してほしい」としている。

午前10時~午後4時、専用電話(06・6949・2361)で対応する。【福田隆】

自立でも大丈夫!介護保険「認定調査・裏技マニュアル」
スポンサーサイト

テーマ : 在宅介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

介護の集客成功法

(注意事項:私個人の考え方を述べています。自己責任、ご自身判断で行って下さい。) 【小規模・新規開業の介護(施設・サービス)事業者の集客成功法則】 ◎『居宅』事業所を持たない。 ⇒ケアマネがいるところより、ケアマネがいないところの方が紹介をもらいやすい。

コメント

Secret

既存客を大事にしないと、発展も未来もない。
この不景気でも、揺るがなかった会社・店の共通点の一つに、
日頃からの徹底的な既存客フォローが挙げられる。
あるお店は、(客単価が安いが)手書きの御礼ハガキを出し、
ある会社は、営業が担当する客数を制限し、フォローに専念する。
ある会社は、新規集客せず、客先を巡回フォロー活動メインだが、
評判が評判を呼び、紹介、口コミが半端じゃなく多い。
新規集客を行う以前に、
『既存客は満足しているか?』を
常々意識して追求しておく事は当たり前。
そうでなければ、リピートも少なく、紹介がある確率は、宝くじレベル。
競合に奪われる確率は、どこにも負けない。
商いは、お客様が“飽きない”ようにする事。
既存客を大事にしないと、発展も未来もない。
というか、“従業員30人以下の中小企業”の場合、
社長(代表)が業務の微細に精通し、気を掛けるのは当たり前。
この既存客フォローも、社長が率先して行い、意識・姿勢を見せるのが「大前提」である事は言うまでもない。
最新記事
【PR】
リンク
面接突破  新卒・中途 就活内定ノウハウ
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。